子どもの学資保険

子どもが生まれたら学資保険に入るべき?

子どもが生まれたら学資保険に入るべき?

 

子どもが生まれたときというのは人生のなかでも特別な瞬間です。なににも代えがたい喜びがあります。

 

ですが、それは「子どもの将来」という、親なら誰しも抱えることになる不安に対して向き合いはじめなければならない瞬間でもあります。

 

  • 「学校に習い事に塾に…。お金たりるかな…」
  • 「私達(パパ、ママ)にもしものことがあったらこの子はどうなるんだろう…」

 

考えれば考えるほど不安になってしまいますよね。ですが、こんな不安を解消するために保険というものが存在します。事実、子供が生まれたことを機に保険の加入を考えるパパママはとても多いです。

 

 

 

 

特に多いのが「将来、自分たちに何かあっても子供の学費を確実に確保したいから!」という理由で学資保険に加入するパパママです。

 

 

学資保険ってそもそもなに?

 

学資保険って何!?

学資保険とは主に、契約した保険料を決められたタイミングまで払い続けることによって子どもの年齢に合わせて給付金が受け取れる保険のことです。

 

 

保険の種類によって返戻金(へんれいきん。戻ってくるお金)は変わり、例えば返戻金110%の場合、支払総額が200万円なら220万円が満期になると帰ってきますので払った金額よりも多い金額がもらえるのが最大の特徴です。

 

銀行にお金を預けていても全くお金が増えない「0金利」の時代に、これだけお金が増えて帰ってくるのはやはり大きなメリットです。このメリットと合わせて自分で貯金するのが難しいからという理由で、確実に学費を確保しつつ資金を増やす目的で学資保険を利用する人が多いです。

 

自分たちで貯金してお金を貯める場合、出費がかさむ月があるとついつい貯金しているお金に手をつけてしまいがちですが、学資保険なら銀行からお金が強制的に引き落としされるため、確実に学費を確保できます。

 

 

また「万が一、学資保険の加入者が死亡した場合、保険料が免除される特約(払い込み免除特約)」があったりしますので、家族の大黒柱である夫に万が一のことがあったときの保険として加入する人もいます。

 

 

 

逆に学資保険のデメリットとして、途中で解約してしまったり、保険会社が倒産してしまうと払った額の全額が帰ってこない(元本割れ)リスクもあります。

 

このため、学資保険に加入する際は無理のない負担額の学資保険を探したり、倒産リスクの少ない保険会社を選ぶことが大切です。


 

 

 

学資保険が”おススメでない”人って?

 

もちろん、学資保険は絶対に入らなければならないものではありません。特に、下記のような人たちの場合、逆に入らない方がいいかと思います。

 

  • すでに将来の子供の学費分の貯蓄がある
  • 自分で株や投資などで、学資保険以上の利回りでお金を運用できる

 

 

学資保険は”子どもに将来かかる学費のため”の保険です。なので、すでにその学費が用意できている@番目のような人の場合、そもそも学資保険は必要ありません。

 

また、学資保険の最大のメリットである”満期まで支払えばお金が増えて戻ってくる(返戻金)”以上に株や投資で儲けられるというA番の人は、わざわざ学資保険でお金を増やさなくても株や投資でお金を増やしたほうがより効率的です。

 

 

もしこういったパターンに当てはまらない場合、子どもが生まれて学資保険に入るメリットは大きいので、少なくとも一度は学資保険の検討してみることをおススメします。

 

 

子どものために学資保険に加入するときにありがちな悩み…

学資保険に加入するときにありがちな悩み

 

さて、ここまで学資保険の基本的なことを紹介してきて、「もうちょっと学資保険について知りたい!」という人や「具体的におススメの学資保険を教えてほしい」という人もいるかもしれませんね。

 

ですが、子どものために学資保険に加入したいと思っても…

 

  • 「保険が難しい!種類も多いし、何がなんだかよく分からない!」
  • 「保険の話を誰に聞けばいいのかよく分からない!」
  • 「子供が小さくて手間がかかるときに保険のことを調べるのが面倒!」

 

など、学資保険の加入には高いハードルが待ち構えているので、「探し始めてから自分に合っている保険に加入するまで半年も時間がかかってしまった…」なんて人もいたりします。

 
保険が難しくてよく分からない!

保険が難しくてよく分からない!

 

これまで真剣に保険について学んだことがないなら間違いなく「保険って難しい!」と思うはずです。数字もいっぱい出てきて、”数字嫌い”な人にとっては拷問に近いです。笑

 

保険を扱っている会社もいっぱいありますし、全部の会社の保険内容を調べて比較なんてしてようものならとんでもなく時間がかかってしまいます。

 

誰に保険のことを聞いたらいいのか分からない!

誰に保険のことを聞いていいのか分からない!

 

だいたい、お父さんお母さん、または結婚相手の両親のなかに一人ぐらいはすでに保険に加入している人がいるもので、「ちょっと相談してみよう♪」と思ったその身近な人たちが本当にちゃんと保険のことを理解しているのかはかなり怪しいです。

 

 

保険って種類も多く難しいうえに「どんどん内容が変わっていく」から、”今、現在”あなたにピッタリな保険が、その人が昔選んだ保険と一緒とは限りません。

 

また、郵便局や生協にいったときに営業の人から保険をすすめられたりしますが、そういった人たちは自社の保険しか進めてくれないので、もし他の会社でもっといい条件の保険があってもわかりません。

 

結果、「誰に相談していいのか分からない!」となって自分でネットで調べたりしますが、これはこれでかなり面倒なんですよね…。

 

 

子供が小さくて手間がかかるときに保険のことを調べるのが面倒!

子どもに手間がかかるときに面倒!

 

というのも、子どもというのはとにかく手間がかかるものです。それが初めての子育てともなると、「とてもじゃないけど育児以外に時間はさけない!」ような状態になってしまうはずです。

 

基本的に学資保険は早く加入すればするほど、「月々の負担が小さくなる」ため、早く加入しようとするパパママが多いですが、かといって「適当に保険を選んだら損をするのでは…」と考えると、どんどん保険のことが後回しになってしまいます。

 

そんなパパママにおススメの「じぶんの保険」

 

 

ただ、そんなパパママにおススメなのがじぶんの保険になります。

 

 

じぶんの保険

申込数14万人突破!自分の保険

 

 

 

「じぶんの保険」とは、保険の専門家であるファイナンシャルプランナー(以下、FP))に保険について無料で何度でも相談できるサービスで、FPが指定した日にちに自宅や近所のカフェ&レストランまで相談に来てくれるのが特徴です。

 

これならたとえ小さな子どもがいて遠出はできないとしても、保険について相談することは可能でしょう。

 

じぶんの保険が新米パパママにおススメ!

じぶんの保険で紹介してくれるFPは一定年数以上の経験があるFPに限りますので、複数の保険会社の情報を横断的に集めることができ、いちいちネットで一から調べる手間も省けて、貴重な時間を節約することができます。

 

すでに申し込み件数が14万件を突破し、多くの人に利用されていることからも、ただでさえ育児で忙しかったりお仕事で時間がとれないパパ・ママにとってもおススメできるサービスになります。

 

 

子どもが小さい今はいいかもしれませんが、将来子どもが「大学に行きたい」と言い出したものの、万が一「お金が足りないから大学には行かせてあげられない…」なんてことになったら子どもの可能性を親の都合で狭めてしまうことになります。

 

親としては子供のやりたいことをできる限り後押ししてあげたいですから、そんなことは絶対に避けたいはずです。

 

 

そんなお金の心配をなくすためにも、今のうちに保険について分からないことや将来どれだけお金が必要となるのか不安なパパママはぜひ一度、お金のプロであるFPに相談しておいていただければと思います。

 

 

「じぶんの保険」でFPに保険のことを相談してみる!

じぶんの保険